2019年10月開始 幼児教育無償化について(満3歳から対象)

2019年10月から、国の幼児教育の無償化において3歳児から5歳児までのお子さまの幼稚園、保育所、認定こども園などの費用を無償化が実施されます。
それとともに、満3歳から就学前のお子さまについて、児童発達支援(ハビー)での利用者負担が無償となります。

対象期間は、満3歳になった後の最初の4月から小学校入学までの3年間です。

10月からの無償化にあたり、受給者証を再申請するなどの新たな手続きは必要ございません。

詳細に関しては、ご利用している教室または下記URLをご覧ください。

就学前の障害児の発達支援に関する住民・事業者向け説明資料(PDF形式:24KB)
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/pdf/hattatsu_shien.pdf

内閣府 幼児教育・保育の無償化
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/musyouka/index.html

 

 

【関東地域】台風15号の影響について

関東地域のセンターをご利用のみなさまへ

9月9日(月)現在、台風15号の影響により交通機関に運休、遅延が多く発生しておりますため、一部のセンターにおきまして開所時間に影響が出る可能性がございます。
本日ご利用予定のみなさまにおかれましては、普段使われている通所手段の安全を確認できましたら、身の安全を最優先にご来所ください。

本件につきまして何かお問い合わせがありましたら、各事業所までご連絡下さいませ。

【ご確認】メールサーバーメンテナンスのお知らせ(4/9 1:00-7:00)

 

児童発達支援ハビーでは、下記日程にてメールサーバーのシステムメンテナンス作業を実施いたします。
この期間、info@habii.jp宛のメールの送受信が一時利用できない場合が発生いたしますので、お知らせいたします。

ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

■作業期間
2019年4月9日(火)01:00~2019年4月9日(火)07:00
※作業の進捗状況により、終了時間は前後する可能性がございます。

■作業内容
メールサーバーのシステムメンテナンス

■作業に伴う影響の範囲
作業期間中およびその前後では、@habii.jp宛のメールが不達あるいは送信遅延、最悪の場合は消失する恐れがあります。
作業期間中およびその前後には、@habii.jp宛にメールを送るのは控えていただければ幸いです。

お急ぎの場合はフリーダイヤル(0120-655-244)または各教室の電話にご連絡をお願いいたします。

 

年末年始のお問い合わせについて

当社お問い合わせ窓口は、以下の日程にて休業させていただきます。

――――――――――――――――――――――――
■お問い合わせ窓口の休業日
2017年12月30日(土)~2018年1月3日(水)
――――――――――――――――――――――――

お問い合わせ窓口(0120-655-244 info@habii.jp)は1月4日(木)から通常通り営業いたします。

上記期間中にご連絡いただいた各種お問い合わせにつきましては、1月4日(木)から順次の対応となりますのでご了承ください。

各事業所の年末年始休業日につきましては、各事業所にお問い合わせをお願いいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

●お問い合わせ窓口
電話:0120-655-244(通話無料)
※受付時間 9:00~18:00
info@habii.jp

【リリース】3月に障害者就労移行支援「ウェルビー」5事業所、児童発達支援「ハビー」1事業所開設、4月に放課後等デイサービス「ハビープラス大宮」開設予定

はびーjは障害者就労移行支援「ウェルビー」、児童発達支援「ハビー」
3月にウェルビー5拠点、ハビー1拠点を新規開設
4月に放課後等デイサービス「ハビープラス大宮」開設予定

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、3月に就労移行支援事業 ウェルビー「蒲田センター」「新大阪センター」「黒崎駅前センター」「熊本水前寺センター」、特定相談支援事業 ウェルビー「熊本水前寺センター」、児童発達支援事業 ハビー「相模大野教室」の6事業所を開設。4月に放課後等デイサービス事業で「ハビープラス大宮教室」を開設する予定です。今回の開設で、就労移行支援事業所が50拠点、埼玉県委託事業が2拠点、特定相談支援事業所が2拠点、児童発達支援事業所が8拠点、放課後等デイサービス事業が2拠点に拡大(2017年4月時点)。ウェルビーでは、引き続き支援機関や医療機関などとの連携と事業展開を積極的に行い、多方面からの支援を拡大してまいります。

 

◆ 3月開所 事業所一覧 ◆
「ウェルビー蒲田センター」
電話:03-6715-8153
住所:東京都大田区蒲田5-49-12 蒲田エムアンドエムIビル502
(各線「蒲田」駅(東口) 徒歩5分/京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩8分)
ウェルビー蒲田センター

「ウェルビー新大阪センター」
電話:06-4862-6825
住所:大阪府大阪市淀川区西中島5-13-14 共栄新大阪ビル3階
(JR各線「新大阪」駅(正面口1階) 徒歩5分)
Print

「ウェルビー黒崎駅前センター」
電話:093-482-5155
住所:福岡県北九州市八幡西区黒崎3-8-22 黒崎駅前グリーンビル101
(JR「黒崎」駅(南口) 徒歩4分/筑豊電気鉄道線「黒崎駅前」徒歩4分)
ウェルビー黒崎駅前センター地図 

「ウェルビー熊本水前寺センター」 (就労移行支援事業所・相談支援事業所併設)
電話:096-273-8280
住所:熊本県熊本市中央区水前寺1-17-32 石本ビル2階
(熊本市交通局「新水前寺駅前」停留所 徒歩3分/JR「新水前寺」駅 徒歩4分)
ウェルビー熊本水前寺センター

「ハビー相模大野教室」
電話:042-851-6701
住所:神奈川県相模原市南区相模大野3-19-13 アーベイン相模601
(小田急小田原線「相模大野」駅(北口) 徒歩5分)
Print

 

◆ 4月開所 事業所 ◆
「ハビープラス大宮センター」
電話:048-788-2402
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-202 橋本ビル2階
(各線「大宮」駅(西口) 徒歩8分)
Print

 

◆ 事業概要 ◆
 ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害のある方を対象にした就労移行支援※1事業「ウェルビー」を2012年から開始。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練のほか、就職活動の支援、就職後の定着支援など、各地の行政・支援機関・医療機関などと連携しながら行っております。これまでウェルビーを利用した就職者数は1056名、就職後半年以上の定着率は83%(2015年度)と、業界トップクラスの実績をあげております(2017年3月時点)。2015年からは18歳以上の障害者を対象とした特定相談支援※2事業をスタート。障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、蓄積したノウハウを活かしながら全国展開を進めてまいりました。
2014年からは発達の遅れが気になる未就学児を対象とした児童発達支援※3事業「ハビー」を開始。保育士や児童指導員といった幼児・児童教育における専門家が、一人ひとりの特性に合った指導方法、専門的な学習、コミュニケーション指導など様々なプログラムを提供するほか、2015年には臨床心理士による発達検査も交えながら発育のサポートを行っています。2016年からは、小学校から高校までの学齢期の児童を対象にした放課後等デイサービス※4事業「ハビープラス」を開始。子どもから大人へ成長していくすべての過程におけるサポート体制の拡充や、「早期支援・適切な支援」の実現を目標に、事業拡大を目指してまいります。

※1 就労移行支援とは、障害者総合支援法で定められた障害福祉サービスのひとつ。精神障害(統合失調症、うつ病、双極性障害など)、発達障害(アスペルガー症候群、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)など)、知的障害、身体障害・難病のある18歳以上65歳未満の方が対象。一般就労に必要な知識と能力を養う訓練や就職活動対策、職場への就職と定着支援を行う。
※2 特定相談支援とは、障害者総合支援法で定められた障害福祉サービスのひとつで、障害者からの相談に応じて必要な情報の提供、助言、相談、障害福祉サービスを利用する際に必要なサービス等利用計画の作成、定期的なモニタリングなどの支援を行う。
※3 児童発達支援とは、児童福祉法に基づく障害児通所支援の一つで、障害や発達の遅れやかたより(同年代の子より成長の遅れが気になる、集団行動が苦手、こだわりが強いなど)がある未就学の幼児(0歳から6歳まで)が対象。それぞれに合わせた支援や療育などを行う。
※4 放課後等デイサービスとは、児童福祉法に基づく障害児通所支援の一つで、障害のある学齢期の児童(小学生・中学生・高校生)が学校の授業終了後や長期休暇中に通い、日常生活を送るための能力向上や余暇活動の提供、創作活動、学習支援、地域連携などを行う。

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名:ウェルビー株式会社
代表者:大田 誠
設立年月日:2011年12月1日
住所:東京都千代田区神田佐久間町2-15
電話番号:0120-655-773(代表)
経営理念:全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて
URL:
https://www.welbe.co.jp/ (ウェルビー) 
https://www.habii.jp/ (ハビー)
https://www.habii-plus.jp/ (ハビープラス)

 

 

【プレスリリース】ハビー大宮教室開設、イベント開催のお知らせ<イベント中止>

※イベント中止のお知らせ (2015年8月25日 追記)
8月30日に予定していた、ハビー大宮教室イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』は中止となりました。
イベントを楽しみにされていた方々には、ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、ハビー大宮教室の見学、体験は引き続き受け付けております。
ご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。

発達の遅れが気になるお子様向けの教室『ハビー大宮』開設
読み聞かせや体を使った遊びを通じてお子様の発育をサポート

発達の遅れが気になるお子様を抱える保護者向け無料イベント
『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』
2015年8月30日(日)マロウドイン大宮にて開催

就職を目指す障がい者の就労を支援するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、 代表者:大田 誠)が運営する、発達が気になるお子様の成長サポートを行う幼児教室「ハビー大宮教室」が、2015年9月1日に埼玉県さいたま市に開設いたします。未就学児のお子様向け教室「ハビー」は、ハビー川越教室に続き2拠点目となります。

2014年6月に初めて埼玉県に開設をしたハビーは、学習や運動面で同年代のお子様より遅れを感じたり、集団行動が苦手など、発達の遅れの気になるお子様を対象にした施設です。施設内には保育士や児童指導員といった児童教育におけるプロフェッショナルが常駐し、お子様一人ひとりと向き合いながら、絵本の読み聞かせや体を使った遊びなどの様々なプログラムを提供する他、2015年3月からは臨床心理士による発達検査なども交えながらお子様の発育のサポートを行っています。

障がい者支援に特に力を入れている埼玉県とウェルビーは、これまでも積極的に障がい者支援の体制構築に取り組んでおり、企業への就職を目指す障がい者の就労支援を行う就労移行支援事業所は、全国で29拠点、埼玉県内だけでも、これまでに9拠点を開設。さらに、発達障害者就労支援センターであるジョブセンターも、県からの委託事業として草加と川越の2拠点を運営しています。

しかし一方で、サポートの難しさから発達障がい者への支援体制はその需要に比べて依然として万全ではなく、さらに幼い子供の場合、保護者による発見・認知の難しさも懸念されています。そういった現状を踏まえ、今回のハビー大宮教室の開設を通じて、ウェルビーとして子供から大人へ成長していく全ての過程におけるサポート体制の拡充や「早期発見・早期支援」の実現を目標に、全国規模での展開を目指して参ります。

20150811ハビー教室イメージ  20150811保護者向けのモニタリングルームイメージ

2015年8月30日(日)に開催する発達の遅れが気になるお子様を抱える保護者向け無料イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』については下記の記事をご覧ください。

〈関連記事〉
【ハビー大宮】イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』のお知らせ (2015年8月10日)

詳しくは下記のプレスリリースをご覧ください。
【プレスリリ―ス】ハビー大宮教室開設、イベント開催PDF

【プレスリリース】発達の遅れが気になるお子様向けの教室『ハビー大宮』開設  【プレスリリース】発達の遅れが気になるお子様を抱える保護者向け無料イベント開催 【プレスリリース】ウェルビー株式会社概要

 

お子さまののびのびした成長を手助けする幼児教室<Habii> ハビー
自動発達支援事業所「ハビー」バナー-幼児教室ハビーお問い合わせ・見学申込み

障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社バナー

<イベント中止>【ハビー大宮】『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』のお知らせ

※イベント中止のお知らせ (2015年8月25日 追記)
8月30日に予定していた、ハビー大宮教室イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』は中止となりました。
イベントを楽しみにされていた方々には、ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。
なお、ハビー大宮教室の見学、体験は引き続き受け付けております。
ご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。

2015年9月に開設予定のハビー大宮教室は、8月30日(日)に、発達の遅れが気になるお子様を抱える保護者向け無料イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』を開催いたします。

ハビー大宮教室イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』PDF

ハビー大宮教室イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』①  ハビー大宮教室イベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』②

お申込方法は、お電話またはメールにてお申込下さい。 窓口は、ハビー川越教室となっております。定員になり次第、締め切らせていただきますので、お早めのお申し込みをお待ちしております。
電話番号:049-249-8660 (ハビー川越教室)  MAIL:info@habii.jp 

 

『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』プログラム
開催日時
2015年8月30日(日) ※2部制
10:30~12:30/14:00~16:00
参加費 無料

開催場所
マロウドイン大宮 2部屋(南昌、石林)
http://www.marroad.jp/omiya/
JR埼京線・京浜東北線・東武野田線 大宮駅西口より徒歩約5分
マロウドイン大宮地図

参加対象者
・発達の遅れが気になる未就学児までのお子様とその保護者
・お子様の成長に不安を抱えている保護者
・お子様との接し方に悩みを抱えた保護者
※原則として未就学児までのお子様が対象
※定員は各回30組、保護者の方のみの参加も可能

プログラム詳細
ママパパルーム実施プログラム  ※14:00~16:00の回も同構成
10:30~11:10 松原豊教授 講演
 専門家の視点から幼児期の子供の成長に関する講演を実施
 発達の遅れが気になるお子様との日常的な接し方や成長のためのトレーニングについてご講演いただきます。
11:20~11:25 ハビー大宮教室について施設の取り組み紹介
11:25~12:10 松原教授と保護者の方による座談会
12:10~12:30 お子様との遊びの実践
 プレイリーダーが中心となり家庭でも実施可能な遊びをお子様と保護者が実践

キッズルーム実施プログラム  ※14:00~16:00の回も同構成
10:30~12:10 プレイリーダーと一緒に遊ぼう
12:10~12:30 保護者の方との遊びの実践

※イベントは、ママパパルームとキッズルーム2部屋に分かれての実施となります
※希望者にはハビー大宮教室の見学会をイベント終了後に実施いたします

講師プロフィール

こども教育宝仙大学 松原 豊(まつばら ゆたか)教授
こども教育宝仙大学 松原豊 教授写真
こども教育宝仙大学こども教育学部教授、特別支援教育士、「生活を豊かにする」障がい児・者支援福祉協会理事
主な著書に『障害の重い子どもの授業づくり』(ジアース教育新社、2007)、『特別支援教育読本』(明石書店、2009)、DVD『障がいのある子どもの運動遊び』(新宿スタジオ、2010)、『〈身体〉に関する発達支援のユニバーサルデザイン』(金子書房、2014)、『発達が気になる子の運動遊び88』(学研教育出版、2014)他

平山 くみ(ひらやま くみ) さん
平山くみさん(プレイリーダー)写真

芸術療法セラピスト
カウンセラー養成講座講師(心理/キャリア)
NPO法人医療心理学協会認定心理カウンセラー養成講座講師
日本ダンス・セラピー協会理事
身体表現に基づいたダンス/ムーブメントセラピーを病院、福祉施設、被災地などで提供。未就学児童から高齢者まで幅広いクライアントを持つ。ヨガやストレッチの運動指導や発達障がい児童のトレーニング、ダンス振付なども提供している。

お申込方法
お電話またはメールにてお申込下さい。窓口は、ハビー川越教室となっております。
定員になり次第、締め切らせていただきますので、お早めのお申し込みをお待ちしております。
電話番号:049-249-8660 (ハビー川越教室)  MAIL:info@habii.jp 

〈関連記事〉
【プレスリリース】ハビー大宮教室開設、イベント開催のお知らせ (2015年8月11日)

 

お子さまののびのびした成長を手助けする幼児教室<Habii> ハビー
自動発達支援事業所「ハビー」バナー-

幼児教室ハビーお問い合わせ・見学申込み

埼玉県立久喜図書館主催「あなたの世界を教えてくれる? 発達障害を知りみんなで支え合おう」に参加します

平成27年2月28日(土)から3月15日(日)までの期間、埼玉県立久喜図書館で行われるパネル展示イベント「あなたの世界を教えてくれる? 発達障害を知りみんなで支え合おう」に参加します。

「発達障害」関連の支援機関等の紹介として、ジョブセンター草加および
ハビー川越教室の紹介パネルを展示いたします。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

<「発達障害」関連資料の展示とパネル展示内容>
【日時】
平成27年2月28日(土曜日)~3月15日(日曜日)
*休館日(毎週月曜)を除く 9:00~19:00(土日は~17:00)
【場所】
埼玉県立久喜図書館
【内容】
「発達障害」に関する所蔵図書、雑誌の展示
「発達障害」親の会や支援機関を紹介するパネル展示
相談窓口や支援機関、親の会等のパンフレット、ちらしも配布
【問い合わせ先】
埼玉県立久喜図書館 自然科学・技術資料担当
TEL:0480‐21‐2659

詳細は下記ホームページをご参照ください。
埼玉県立図書館 健康・医療情報講座
 https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/news/kouen/hattatsusyogai.html

〈関連ページ〉
障がい福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社 新着情報:
【ジョブセンター草加】埼玉県立久喜図書館主催「あなたの世界を教えてくれる? 発達障害を知りみんなで支え合おう」に参加します(2015年2月24日)

 

障がい福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社障がい福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社

発達障害者就労支援センター ジョブセンター草加
発達障害者就労支援センター ジョブセンター草加バナー

<お子さまののびのびした成長を手助けする幼児教室<Habii> ハビー川越教室
お子さまののびのびした成長を手助けする幼児教室<Habii> ハビー川越教室バナー

〈転載〉【プレスリリース】幼児教室ハビー川越がイベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』を2月14日に開催

以前リリースを出しました、ハビー川越教室主催のイベントについての内容を転載いたします。

障がい福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社 メディア情報:
【プレスリリース】幼児教室ハビー川越がイベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』を2月14日に開催 (2015年1月26日)

【プレスリリースの内容】
発達が気になるお子様の成長サポートを行う幼児教室『ハビー川越』は、2015年2月14日(土)に埼玉県川越市にて発達の遅れが気になる未就学児とその保護者を対象にした子育て交流会『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』を開催いたしました。

2014年6月に開設したハビー川越には、施設内には保育士や児童指導員といった児童教育におけるプロフェッショナルが常駐。集団行動の苦手なお子様や学習面、運動面での遅れを感じるお子様に対して、お子様一人ひとりと向き合いながら、絵本の読み聞かせや体を使った遊びなどの様々なプログラムを提供しております。しかし一方で、相談窓口となる専門機関などの数は未だ乏しい状況にあり、悩みを抱え続ける保護者の方が多く存在するのが現実です。そこで、ハビー川越教室では、保護者の方が気軽に専門家の意見を求めることができ、保護者同士での悩みの共有や意見交換を行う事のできる場の提供を行うための交流会を開催いたしました。

詳細については、下記をご参照ください。

ハビー川越がイベント『発達の遅れが気になるお子様の子育て交流会』を開催(PDF)

【プレスリリース】ハビーがイベント開催20150126① 【プレスリリース】ハビーがイベント開催20150126② 【プレスリリース】ハビーがイベント開催20150126③

 

障がい福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社障がい福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー株式会社

<お子さまののびのびした成長を手助けする幼児教室<Habii> ハビー川越教室
お子さまののびのびした成長を手助けする幼児教室<Habii> ハビー川越教室バナー