【川越】季節に合わせた工作について

こんにちは、ハビー川越教室です!

前回は感染症対策についてお伝えいたしましたが、

今回はハビー川越教室の活動を紹介いたします♪

 

ハビー川越教室の支援では、季節に合わせた工作

取り入れています。

 

なぜ工作を、支援に取り入れているのでしょうか?

その理由は、季節や文化・風習を学んだり、

道具の使い方を学んだりするため…だけではありません。

 

はさみや折り紙、シール貼りなどの細かい作業を行うことで、

指先の力のコントロールや、複雑な指の動きをスムーズに行うための

練習につながるからです♪

 

また、「どんな色がすき?」と歌いながら、

クレヨンの箱の中から使いたい色を選ぶなど、

工作が色や形を覚えるきっかけになることも

 

このように、工作にはお子さまに1人ひとりに合わせた目的があります。

お子さまが自分で色や形を決めて形にする楽しさや達成感の中で、

もっとやってみたい、もっと知りたい、もっと表現してみたい気持ちを

育めるように、テーマや手順も考えられているのです。

 

前置きがながくなりましたが、

そろそろハビー川越教室のお友達が作成した、

9月の工作をご紹介しましょう!

 

9月は日差しが厳しい日もありましたが、暦では秋。

そんなわけで、9月の工作のテーマは初秋の果物の定番であるアレ♪

 

丸いつぶつぶがたくさん付いていて、

甘酸っぱくて、みずみずしい…「ぶどう」でした!

じゃじゃーん!

ぶどうは何色?とお子さまに質問すると、「ぶどうは紫でしょう?」という声や、

「緑のぶどうもあるよね~」というかわいい声が聞こえました。

 

折り紙をはさみで切ったり、ちぎったり。

丸めたり、絵の具で塗ったり、それぞれの個性と感性がキラリと光る、

おいしそうなぶどうができましたよ♪

 

立体制作だけでなく、塗り絵で旬のぶどうや野菜を表現してくれた

お子さまも!

パステルやクレヨン、クーピーや色鉛筆など、

さまざまな画材を用いながら、線画を意識して上手に表現してくれました!

 

集団支援では、お友だちと協力して大きな作品作りにも挑戦☆彡

 

お友だちと色を決めながらフィンガーペイント。

大きな木にカラフルな実や葉が描かれ、とっても華やかになりました♪

ほかにも、水彩色鉛筆や滲み絵、削り絵なども行ってきました。

指導員は、道具の使い方や管理に気を付けながら、

お子さまが楽しく工作に取り組めるようにアイデアを出し合っています。

 

お子さまの作品は任意で共有スペースに展示していますので、

来所の際に鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

☆ハビー川越教室では、コロナウイルス感染予防のために、支援ごとに換気・アルコール消毒を行っています。また、指導員は出勤前に検温や体調チェックを行っています。

楽しく健康に過ごせるように、皆さまもうがい・手洗いを忘れずに行いましょう☆