【立川】夏の制作をご紹介

朝晩は羽織るものがほしい季節になり、秋らしい風を感じることが多くなりましたね。

今回は、ハビー立川教室の夏の制作をご紹介します。

 

まずは、ペットボトルで作る風鈴です。

透明のボトルをガラスに見立ててペンで好きな絵や模様を描いて絵付けをしました。短冊と鈴も付けたので風が吹くとりんと鳴ります。透け感と鈴の音が涼し気でした。夏祭りでは会場を華やかにしてくれました。

壁面のテーマが縁日だったので、ビー玉のコロコロ絵でヨーヨーを制作しました。

トレーの中にヨーヨーの形に切った色画用紙を敷き、絵具に浸したビー玉を転がしてヨーヨーの模様を描きました。ビー玉の転がった軌跡が模様になります。ビー玉はトレーの角から角へ転がりやすく、紙の上を通るように転がすのはコントロールが難しいので、転がるビー玉をよく見て、トレーをうまく動かさなければなりません。追視や力のコントロールなどの練習にもなります。

他にも季節の野菜を使って野菜スタンプを行いました。季節の野菜を知り、切り口もよく観察してカラフルなスタンプを楽しみました。

 

さらに、スイカ花火折り紙のせみにじみ絵のアイスクリームなど、夏をイメージした素敵な作品がたくさん飾られ、にぎやかで楽しい夏の壁面になりました。

  

運動会を始め秋の行事で疲れが出やすいかと思います。季節の変わり目、体調を崩されませんよう、皆様が元気に過ごせますように。