【神戸三宮】ご利用者様の声③(在宅支援の様子)

こんにちは、ハビー神戸三宮教室です(*^_^*)

 

ハビー神戸三宮教室では、4~5月とコロナウイルスの影響が響く中

感染症対策を行いながらの通所支援と共に電話支援やZOOMを使ったオンライン支援を取り入れ切れ目のない支援を継続して参りました❕

 

今回は、前回に引き続き、ご利用者様に実施したアンケートより

「ご利用者様の声 —第3弾-」をお届けします☺

 

①在宅支援中のお子様の様子🌷

初回は、大喜びでした。祖母からの電話は1分続かないのが、 いつまでも「うん、うん」と返事をして聞いていました。途中で会話に飽きてきて手遊びしだしても、受話口から耳を離さず話を聞いていて、息子の先生への愛を感じました。

2回目は、電話がかかってきた瞬間は目を輝かせましたが、親の会話が長い間に興味を失い、動物図鑑を熱読しはじめてしまい、電話をかわろうとしても頑なに拒否され、失敗に終わりました。

本人曰く「図鑑読んでるのに、なんで電話にでないといけないんだよ~」との事でしたが、ヘソを曲げただけかもしれません。

②教材に取り組む姿勢🌷

教室で顔を合わせてのやり取りはすっかり慣れたのに対し、相手が見えない電話になると、緊張してしまい無口になる様子が、園のクラスメイトと一緒に遊んでいる時の様子に少し似ていました。色んな状況でコミュニケーションをとる訓練ができればと感じました。

③今度の在宅支援でやってほしいこと🌷

Zoomを通しての会話、または指示に従う練習

ご協力ありがとうございました。

次回は、『ご利用者様の声④(在宅支援の様子)』をお届けします🎵