ハビーについて発達障害とは

発達障害とは 発達障害とは

発達障害ってなに?

発達障害とは、生まれつきの脳機能の障害により、認知、言語、社会性、運動など、発達のしかたに得意なところと苦手なところがある障害です。なぜ脳機能障害が起こるのかということははっきりと判明していません。
発達障害は外見では分かりにくいことが多く、周りの人からは、「わがまま」「しつけができていない」などと誤解される場合もあります。ご自分を責めてしまうご家族の方もいますが、おうちでのしつけや育て方、環境などが発達障害の原因ではありません。重要なことは発達障害についての適切な知識を身につけ、早期に適切なサポートを行っていくことです。早期から療育をすることで症状をある程度緩和させることができます。もしお子さまの発達に心配な点があるようでしたら、一度、医療機関の発達外来に行かれることをお勧めいたします。
最近は「発達障害」という言葉がメディアや教育の現場でも多く取り上げられるようになりました。行政はじめ社会全体での支援の輪は広がりつつありますが、お子さまの健全な成長のため、まずは発達障害についての知識と理解を深めることが重要になってきています。

発達障害の種類とは?

発達障害とは、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と発達障害者支援法により定義されており、大きく3つに分類されます。

1自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム(ASD)

2学習障害(LD)

3注意欠陥多動性障害(ADHD)

自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム(ASD)
対人関係が苦手(他人と関わらず目を合わせられないなど社会的関係の形成が困難、表情や行間を読むこと・意思疎通がうまくできないためコミュニケーションをうまくとることがパニックに陥りやすいなど)、創造力の障害(パターン化した興味や活動、興味や関心が狭く特定のものにこだわるなど)、感覚の過敏・鈍化などの特徴があります。自閉症のうち知的発達の遅れが見られない場合は高機能自閉症と呼ばれます。
かつては「自閉症」「アスペルガー症候群」「広汎性発達障害」などを含めて「広汎性発達障害」と呼ばれていましたが、2013年に診断基準の改定で、「自閉スペクトラム症(ASD)」として診断名が統一されました。
学習障害(LD)
知的な発達に遅れがない場合が多く、聞く・読む・書く・計算するなどの能力の一つまたは複数の能力を身につけることに困難が生じます。
注意欠陥多動性障害(AD/HD)
集中力がない・忘れっぽい(不注意)、じっとすることができない(多動性)、思い付きで行動してしまう(衝動性)、などの特徴がみられます。

軽度発達障害とは?

発達障害は、知的な障害がない(または軽度の)場合に「軽度発達障害」と呼ばれることがあります。障害が比較的軽くても生活のしやすさとは関係しないため軽度という表現は使用されなくなってきています。

発達障害「グレーゾーン」の
子どもたち

アスペルガー症候群の興味・関心の偏り、注意欠陥多動性障害の不注意や思いつきでの行動といった症状は、発達障害ではない人にもありがちです。支援が必要なのか、単に個性的なだけか、が見極めにくい「グレーゾーン」の子どもたちが問題となってきています。
平成24年に文部科学省が実施した「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について」によると、知的な発達に遅れはないものの、学習面か行動面で何らかの困難を持つ児童や生徒は、調査対象全体の6.5%に上ることが明らかになりました。40人学級だと1クラスあたり2,3人の割合になります。これは医師の診断ではなく教員の主観に基づく調査ですが、発達障害の疑いのある(グレーゾーンの)子どもは少なからずいると分かります。
落ち着きがない子どもは家庭や学校でいつも怒られたり注意されます。周囲の人の気持ちを理解するのが難しい子どもは、誤解やいじめを受けやすく、不登校やひきこもりとなる場合も出てきます。
勉強ができる子どもはグレーゾーンと気づかれないまま社会に出て人間関係や仕事上のトラブルを抱え、うつ病などを発症してはじめて障害が発覚する場合もあります。グレーゾーンの子どもたちに懸念されるのは、こうした「こころの健康」を害する二次的被害です。

障害、発達の遅れが気になるお子さま向け教室
ハビーの児童発達支援(対象:0歳から6歳までの未就学児)・放課後等デイサービス(対象:(小学生、中学生、高校生)は、児童福祉法に基づく障害児通所支援事業です。発達障害(注意欠陥多動性障害・学習障害・自閉症スペクトラムなど)や発達が気になるお子さまに、ひとりひとりの特性や発達段階にあった指導方法、専門的な学習、コミュニケーション指導など様々な支援を行っています。
発達支援・幼児教育・療育・教育のプロとして、ご家族の立場に立ち共に考え、お子さまの成長、発達をサポートしていきます。
page top
資料・見学
(未就学)
資料・見学
(小学生以上)