児童発達支援について<Habii>ハビーとは

児童発達支援事業について

ハビーは、児童福祉法に基づく児童発達支援事業を通して、未就学で発達の遅れが気になるお子さまや発達障害のあるお子さまに対して、それぞれのお子さまに合わせた形で、成長、発達を目指した早期指導を行っております。


児童発達支援事業とは?

児童発達支援事業とは、児童福祉法に基づくサービスの一つです。お子さまの日常生活における適応力を身につけるため、発達の状況に応じた指導を早期から行う事業です。障害の有無に関わらず、発達の遅れが気になるお子さまが幅広く利用されております。利用については、国と自治体の給付により、利用料の1割負担(1日約1,000円程度)で利用できるようになっております。

2019年10月から、「幼児教育・保育の無償化について」が実施されました。就学前の障害児を支援する児童発達支援でも、3歳から5歳までのお子さまの利用者負担が無償化されます(※イベント費などは別) 無償化の対象期間は、「満3歳になって最初の4月から小学校入学までの3年間」です。

ハビーの児童発達支援

ハビーでは、未就学のお子さまを対象に、成長、発達を目指した早期指導を行っております。就学までの間は、社会性、コミュニケーション能力などを身につけることは非常に重要な時期と言われており、特に発達に遅れや偏りがみられるお子さまの場合、早期から個々の特性に合わせた指導を行う必要性があると言われております。ハビーでは、ご家族と一緒になってお子さまの現状に合わせた指導を早期から行い、スキルの習得を目指していきます。なお、利用にあたってはお住いの自治体より「児童発達支援」という福祉サービスの支給決定を受ける必要があります。

ハビーのプログラム

ハビーでは、お子さまの発達段階や特性に合わせた支援計画を策定し、ご家族と一緒に成長、発達を指導していくことを目指しております。そのため、ハビーでの指導プログラムの目的とその結果だけでなく、ご家庭での働きかけ等についてのアドバイスもさせていただいております。
ハビーでは、個別指導と集団指導をご用意しております。お子さまの状況に合わせて、これらを組み合わせてご利用いただくことができます。

■個別指導

お子さまと指導員がお部屋に入り、1対1で指導を行います。自立やコミュニケーション、感情のコントロールに不安があるお子さまに対して、お子さまによる指導員への要求を促したり、感情のコントロールを促していきます。

■集団指導

個別指導にて1対1のスキルが身についたお子さまに対し、他の子どもたちと一緒のお部屋で、指導員以外に対するコミュニケーション、感情のコントロールを促していきます。

<Habii>ハビーひとりひとりのカラーをだいじに